ロゴ

結婚式場の種類と選び方

結婚式を挙げることができる結婚式場の種類は、大きく分けると4種類になります。ホテル、専門の結婚式場、ゲストハウス、レストランです。和式や洋式などの古くからの結婚式を挙げたいのなら、ホテルや専門の結婚式場が良いでしょう。一方、堅苦しくないパーティー形式なら、ゲストハウスを貸し切るか、レストランウェディングが良いでしょう。

ご祝儀制と会費制の違い

ご祝儀制のメリット

ご祝儀制は、従来の結婚式の大半を占めていたもので、ご祝儀袋にお金を入れて受付にて渡すものです。ご祝儀を渡すことにより、結婚式の料理や飲み物やその他のおもてなしや、引出物などを受けることができるのです。

会費制のメリット

会費制の最大のメリットは、はじめから会費がいくらか決まってあるため、ご祝儀制に比べると格段に金額が安いことが挙げられます。また、昔からの堅苦しい結婚式感がないこともメリットの一つです。

ハワイ挙式のメリットデメリット

ハワイ挙式は、基本的に家族や親族などの親しい人と少人数で行います。ハワイ挙式のメリットは、美しい海や素晴らしい景色の中で、しがらみのない身内だけで結婚式が挙げられることです。ハワイ挙式のデメリットは、出席者の旅費がかかるため割高なことです。

結婚式会場を申し込むまでの流れ

式場

候補を見つける

結婚式場を申し込むためには、まずはどのような結婚式をしたいのかを決めることです。例えば、タキシードやドレスなどを着て洋式で行いたいのか、袴や着物などの和式で行いたいのかなどです。どのような結婚式にするのかを決めたら、インターネットの口コミなどを参考に候補を決めます。

結婚式場の見学

結婚式場の候補が決まったら、できるだけ多くの結婚式場を見に行きましょう。できれば、ブライダルフェアや、相談会に参加するといろいろ聞けますのでなお良いでしょう。結婚式場を見に行ったり話を聞いたりすることにより、予算内で何ができるかなど、実際のイメージがわかります。

実際に契約をする

候補の結婚式場を見に行き、予算や方法などの自分たちのイメージに近いところが見つかったら契約をします。契約したら、結婚式までの間に何回か打ち合わせを行います。その中で、タキシードやドレスを選んだり、結婚式の流れを考えたり、どんな演出を行うかを決めたりするのです。

結婚式場の種類を知って自分に合った結婚式を準備しよう

タキシード

結婚式の準備をはじめる時期と気をつけること

結婚式を行うには、一般的には1年前くらいから準備を行う人が多いようです。まず気をつけなければいけないことは、1年くらい前から9ヵ月くらい前までには相手の親に挨拶に伺いましょう。それと同時くらいに自分の親にも伝えなければなりません。
また、結婚式場も人気のあるところや、人気の時期に結婚しようと考えているならば、1年くらい前に予約をしなければいっぱいになってしまうところもあります。さらに、結婚指輪などの準備や仲人の依頼などもしなければいけません。